継続するための3つのコツ

 

継続は力なり と言われるが、誰でもわかっているけど、、、なかなか続けられない。継続することで得られるメリットは大きいが、そう簡単にできないのが悩み。

 
1万時間の壁はかなり高い
どんなことでも成功するために1万時間継続することが必要だ、と言われています。毎日5~6時間で概ね5年はかかります。僕の場合、ホームページが出来るようになるためには3年、さらに質を高めるようになるまでに2年はかかった。5年は必要だった。このことからするとスキルアップのための時間は、毎日5~6時間は必要ように思える。

 

過去の経験から僕なりの継続するためのコツを解説します。

 
継続するためのコツ
#1:簡単に楽にする
#2:結果がすぐに出る
#3:数字で目標を立てる

 

 

#1:簡単にできることから始める

いきなり難しいことから挑戦すると挫折してしまうので、楽にできることから始める。最初はホームページ作成ソフトを使って作成していた。これはあらかじめテンプレートが用意されていて、それに従って作成していたので楽にできた。しかも完成した結果がすぐにわかるので楽しめた。このことは継続していく上で大切です。

僕がお勧めするのはWordPressです。これは簡単にホームページが作成できるので苦にならずできます。しかも無料でテーマ(テンプレート)が用意されているので好みのデザインを選ぶだけです。

 

 

#2:結果がすぐに出せる

結果がすぐに出るとそれを見てフィードバックができ、すぐに修正点を見出し改善することができます。しかし、時間がかかるものはその過程で修正点を見出すのが困難です。

時間がかかるものは、いくつかのブロックに分けて、後でそれらをつなぎ合わせるようにします。Aブロックが終わった時点でそれを修正。BブロックもCブロックも同じように行います。そして最後にそれらを総合して前後の関係や全体を見て修正します。

 

Aブロック ・・・修正
Bブロック ・・・修正
Cブロック ・・・修正

 

Aブロック + Bブロック + Cブロック ・・・ 前後の関係や全体のバランスを修正

 

 

#3:数字で目標を立てる

継続するためには重要なのが、数値目標です。数値で示すことで達成率が分かります。あとどのくらいで終わるのか、どのくらい頑張ればいいのか判断できます。判断材料がなく、ただ漠然と進めていても息切れがしてしまいます。全体像が分かることで力の配分が理解できます。

第4コーナーを回ってあと少しで終わりかな、と思ってみたところ、実はまだ1キロ先ですと言われたら途中挫折してしまいます。数値目標は、力の配分を考え無理のない計画を立てることができるので、挫折する可能性を大幅に減らせます。

 

 

 

まとめ

 

楽なことを選択することは継続するためのコツです。往々にして、難しいことをしようとしまいがちです。簡単にできることから始め、徐々にステップアップしていけばいいかと思います。

そして重要なのは数値目標です。営業成績を競い合っているわけではないので、達成できるような分かりやすい数値目標です。

たとえば1ケ月で1冊本を読み終える目標を立てたなら、1週間で2章づつ読み終えると4週間で8章、ちょうで1ケ月で読み終えるな、と考えることができます。1週間ごとに状況が確認できます。達成度合いがわかることは継続するコツと言えます。