【WEBデザイナー】未経験 実績づくりの方法

 

「未経験だけどWEBデザイナーになりたい」

 
近年、WEBデザイナーの人気が高まっており、キャリアがないけどWEBデザイナーになりたいと思っている人がたくさんいます。しかし現実は難しいようです。単純にWEBデザイナーになる、ということが目標なのか、とういと、そうではないように思えます。その先にある、何かを目指しているのではないかと思います。
 
 
 
【目次】
1.強い意志が転職を成功させる
2.未経験者の実績づくりの方法
3.おすすめクラウドソーシング
 
 
 

1.強い意志が転職を成功させる

 
何を思い描いていますか?
 

WEBデザイナーになって、お金を稼ぎたい、とか
自分が作ったサイトで多くの人に観てもらいたい、とか
インターネット上で影響力を持ちたい、とか
時間と場所にとらわれず仕事をしたい、とか



など
いろいろな思いがある。

 

その思いをかなえる手段がWEBデザインだった、ということなのではないだろうか。自分の思いをどこに置くのかが、大切だと思う。なぜならば、学習内容が多岐にわたり、挫折する人が後を絶たない。未経験の方が、簡単にWEBデザイナーとして活躍できない。かなりの努力が必要です。その事実を目を向けないで、語ることができないからです。そのときに、心のよりどころにするのが「自分への思い」です。強い意志があれば、困難な状況も乗り越えられますが、その気持ちがないと難しい職種です。
 
 

 
WEB業界は厳しい業界
 
「簡単に稼げる」
「キラキラ人生を謳歌できる」
「南国のリゾート地で自由にリモートワークできる」

 

このような言葉につられて、WEBデザイナーになりたいと思うと、かなりきつくなります。これを実現できる人は、ごくごくわずかです。レアケースです。レアケースの人を、あたかも一般的なことのように考えるのは良くないことです。事実をしっかり見た上で、自分の人生を作り上げていくことが重要です。

 
9割挫折する

WEB系IT系を目指している方の約1割程度しか、仕事につくことができません。残りの9割は途中で挫折してしまいます。そのくらい厳しい世界です。人手不足だから、2~3ケ月学習すればすぐに転職できると思っていると、痛い目にあいます。人手不足と言っても、未経験者が欲しいわけではなく、スキルと経験のある人が欲しい。即戦力として活躍できる人材が不足している。ここを読み間違ってしまうと、キャリア設計が大きく崩れてしまいます。

 

高額のプログラミングスクールに通って卒業したが、就職できず借金だけが残った。という話はよく耳にする。この話は一部の人の話ではなく、未経験者が経験することです。多額の借金を抱えるまでいかなくても、やはり金銭的な負担が大きい。結局、バイトをしながら借金返済に追われ、希望するWEB業界に入れず毎日を送る日々になってしまう。

 

知識ゼロで未経験者の場合、2~3年くらいは実務経験を積んでやっとなれるくらいです。そのくらいの労力と時間は必要です。学ぶことが多すぎて、簡単にいきません。就職したとしても、毎日地獄のような日々がずーと続きます。
 

最初は、簡単なWEBサイトを作ってみましょう。全体像を把握することで、何をどのような方法で学習すればいいのか判断ができます。人によって理解能力や学習スピードが違いますので、全体像を把握したうえで自分なりのやり方を見つけていくのがいいでしょう。
 

 

 

2.未経験者の実績づくりの方法

 

そこで、どうすればスムーズな転職が可能なのか、その方法を見ていきましょう。一言で言うと実績です。実績があれば、転職に有利です。未経験の方に、実績を問われるのが一番困りますね。しかし、採用する側からすると仕事をちゃんとこなせる人でなければ、雇った意味がないわけです。利益を生み出さない人を、わざわざ採用しません。だから実績が必要になってくわけです。
 

実績のつくり方は大きく3つあります。

① 疑似案件を想定して作成する。
② クラウドソーシングで案件を獲得する。
③ 知人に事情を話て実際にサイト制作する。
 
 
僕の場合は③です。知り合いの飲食店やアルバイト先の会社に事情を説明して、無償でWEBサイトを作った。これを実績にしてポートフォリオを作成しました。今の時代だと、クラウドソーシングで案件を獲得して、それを実績にする方法がおススメです。単価が低い案件だと取りやすい。それをねらっていくと、短期間で実績がつくれます。3~4ヶ月くらいで、ポートフォリオを作成するのに十分なくらいの実績が積めるのではないかと思います。
 

初心者の場合、ハードルが高い案件を受注すると、修正依頼が何度も来てメンタルがもたなくなります。副業感覚で小さな案件をコツコツ積み上げていく方が、初心者にとってハードルが低い。時間はかかりますが、有利に転職を進めるための近道です。慣れてくると、品質の高い案件を受注できるようになります。慣れるまでは、数をこなすことに心がけるようにしましょう。
 
 

 
 
 

3.おすすめクラウドソーシング

 
未経験者の方は、クラウドソーシングで案件を受注するのがいい方法だと思います。転職するためには、実績があるのとないのでは雲泥の差があります。小さな案件でもいいので、まずは実績づくりをしていきましょう。安価な案件だと、ライバルが少なくなるので仕事が取りやすい。取りやすい案件をどんどん受注していくと、あるときいい案件に出会える。このチャンスをのがさない。
 

以下のサイトに登録して案件を探します。

 
クラウドワークス
https://crowdworks.jp/

ランサーズ
https://www.lancers.jp/

ママワークス
https://mamaworks.jp/

 


 

 

 

 

まとめ

 
WEB業界は厳しい業界です。未経験の方がすぐに転職できない。強い意志を持つことが、転職への近道です。転職する際、実績が問われます。実績があれば、転職に有利です。
 

実績のつくり方は大きく3つあります。

① 疑似案件を想定して作成する。
② クラウドソーシングで案件を獲得する。
③ 知人に事情を話て実際にサイト制作する。