小さなお店の作り方、こんな方法があった80万円で雑貨店をオープンした話

 

 
「小さいお店を開きたい」
「起業したい、何から始めればいいのか」
「ビジネスが上手くいくコツが知りたい」
 

そんな悩みにお答えします。
80万円でお店をオープンした話から読み解く稼ぎ方。
 

 

<結論>
ビジネスが上手くいくためには「仕組み」が必要です
 

どのようなビジネスでも、ビジネスが成立する仕組み、ビジネスモデルがあります。
まず最初に、これを考えます。何も考えずスタートすると、稼げない。
 
 
 

 
【目 次】

1.27歳女性が80万円で店舗をオープンする話
2.【解説】なぜ、このビジネスが成功したのか
3.思い込みをすてる
 

 

 

1.27歳女性が80万円で店舗をオープンする話

 
手元に80万円しかない
 
この女性は、ちょっとしたアクセサリーや小物を扱う小さな雑貨店を開きたいと思っていた。しかし、手元に80万円しかなかった。これでお店を出したい。出店場所をいろいろと探したところ、商店街から少し離れたところに、使われていない空き地を見つけた。地主さんと交渉して安く借りることができた。

 

驚きの発想で開店

場所を確保したので、次は店舗です。ただの空き地なので、建物を用意しなければいけない。そこで、この女性は考えました。中古のバスを買ってきて、それを店舗代わりに使おうと考えた。バスを買ったことによって、これで用意したすべてのお金を使い果してしまった。
 

 
 
すべてのお金を使い果たしてしまったので、これから必要となる商品の仕入れや店舗運営資金がない。そこで、また考えた。中古のバスは店舗代わりに使うので、走らなくていい。それならば、エンジンはいらない。エンジン関係の部品を取り外し、鉄くず屋さんに売って、それをお金に換えた。これを元手に、お店をオープンすることができた。オープンしたら「おもしろいお店がある」と近所で評判となって、またたく間に売上が倍々ゲームで増えた。お店が手狭になってしまった。
 
さて、次に何をしたのか。
次にしたことは、中古の船を買ってきた。これも、また店舗代わりにした。見事大当たりし、そうこうしているうちに、ビルが建ってしまった、そうです。
 


 

 

 

2.【解説】なぜ、このビジネスが成功したのか

 
ビジネスが成立する仕組み、ビジネスモデルをつくる
 

この話を聞いて、疑問に感じたことがある。街中に走っている、あのバス、売ってくれるものなんですか?あのバスは簡単に売ってくれません。この人は、バス会社に一件一件問い合わせをして交渉をしたのです。交渉は何度もありません。一度だけです。この人、交渉能力がある人なんです。よく考えてみてください。手元に80万円しかない、と言っているわけです。行き当たりばったりで進めていったら、すぐになくなってしまう。

 

この人の頭の中には、ビジネスが上手くいく仕組み、ビジネスモデルができあがっていて、ポイントをおさえて相手と交渉することができる人なのです。確かに、面白い発想です。中古のバスを店舗代わりに使ったり、エンジンを売ったり、、、でも、このことを思い浮かばなくても、別の何かを見つけてきて、このビジネスモデルに当てはめるだけ。これでうまくいってしまう。
 

すべてのビジネスには、ビジネスが成立する仕組みがあります。最初にこの仕組みを考えた上で、ビジネスをスタートします。ビジネスがスタートすると、お金が出てくばかりです。早く回収しなければ資金が底をついてしまう。そうならないためには、最初に仕組みを考えることが、いかに重要なことなのか考えさせられる話です。

 
・収益が上げられる仕組みを考える。
・お金がかからないスモールビジネスでスタートする。
・相手との交渉は1回のみ。
 
 
 

3.思い込みをすてる

 
人は誰でも、自分が正しいと思っている。これが自分自身にしばりをかけている。しばりをかけることで、物事が一面的になり他が見えなくなってしまう。多面的に見ることで、ビジネスの成功する確率を上げることができる。これができない人は、すぐに壁にぶち当たってしまう。できるだけ多様な考え方を受け入れ、物事を多面的に考える。選択肢は、少ないより多い方がいい。そうすることで、将来の可能性を大きく広げてくれる。
 
10年以内に90%以上の企業が倒産する厳しい世界です。お店を開業しても生き残れるのは、ほんのわずかと思って間違いありません。思い込みは命とりになります。
 
 

開業してからの年数 企業生存率
1年後 40%
5年後 15%
10年後 6%
20年後 0.3%
30年後 0.02%

 
 
 

 

まとめ

 

どのようなビジネスでも、ビジネスが成立するための仕組みがある。その仕組みを作らずに、ビジネスをはじめてもうまくいかない。ビジネスをスタートする前に、まず最初にビジネスモデルを考えることから始める。ビジネスモデルがしっかりしていれば、ほとんどの場合うまくいく。
 

思い込みは命とりになります。客観的に物事をみて分析することが大事です。自分の価値観だけを頼りに判断すると、間違える確率が高くなってしまう。根拠となるデータや事柄から正しい判断をくだすことで、成功する確率がグーンと上がる。いろいろなビジネスモデルを参考にするといいでしょう。