Clubhouse クラブハウス、今がチャンス!

 

Clubhouse クラブハウス、今がチャンス!

 

ある記事によると、約8割のインフルエンサーが現在Clubhouseを全く利用していない、という調査結果が出ているそうです。

 

強敵となるインフルエンサーがいないということは、そのジャンルでリスナーを獲得しやすいということを意味しています。このチャンスを逃す手はありません。SNSの成功の秘訣は、競争相手が少ないジャンルで、かつ小さな市場をねらっていくことにあります。

 

▼成功するコツ
・競争相手が少ない
・小さな市場をねらう

 

クラブハウス離れが進み、リスナーの数が減ってきています。多くの人がルームを閉じてしまい、市場が縮小しています。しかし、後発でまだ名が知られていない人にとってはチャンスです。市場が縮小していると言ってみても、まだまだ需要があるし音声メディアの将来性はある。
 

 

 

自分の才能を発見しよう

 
チャンスは誰でも同じようにやって来る
 
他のSNSで活躍できなかった人にとって見ると絶好のチャンスです。「YouTube苦手、顔出しイヤだ」という人には、声で勝負できるチャンスがめぐってきたわけです。すべての人が音声メディアで活躍できる素質があるとは限らないが、トライしてみる価値はある。大切なことは、チャンスを逃さないことです。自分の才能に気づかず人生を送りより、今の人生に絶対にプラスになります。
 
自分のことは自分が良く知っている、と思われがちだが、実は自分ではわからない未知の自分が存在します。その才能を引き出すためには、行動を起こさないとわからない。頭の中だけで完結してしまってはもったいない話です。

 

 
成功しない人の特徴
 
成功しない人は、チャレンジする回数がメチャクチャ少ない。あまりにも少ない回数であきらめてしまうと、成功を手に入れることはできません。失敗しても何度でもチャレンジしてみることが、成功への近道です。
 
クラブハウスは音声だけなので、動画編集や文章をたくさん書く必要がありません。またアーカイブが残らないので、仮に失敗してもその失敗がインターネット上に永遠に残ることはない。音声SNSに興味がある人は、ぜひチャレンジして見よう。
 

 

 

音声メディアの需要はなくならない

 
下記は2006年から2020年までのアメリカのリスナーの推移を示したグラフです。リスナーが年々増加しています。アメリカでは音声メディアの需要が、まだまだあるようです。日本では少しづつ需要が増してきているようですが、アメリカのような伸びはまだない。需要は少ないけどなくなるわけではない。小さな市場で活躍できる場があれば、参入していくメリットはあります。
 
 

出典:https://www.statista.com/statistics/188955/percentage-of-us-adults-who-listen-to-audio-podcasts-since-2006/
 
 

 
クラブハウスは1日あたり平均70万ルームです。5月は30万ルームだったので、倍以上に増えています。まだまだ成長する余裕はある。期待は大きい。
 

 

 

 

まとめ

 
チャンスはまだまだあります。未来の可能性は未知数です。いま行動すれば、必ず活躍の場が見つかります。SNSの成功の秘訣は、小さな市場で競争相手が少ないところをねらっていくこと。

 
・強敵のインフルエンサーがいなくなった
・映像編集や文章作成が苦手な人最適
・顔出しなしでファンを獲得できる