ネガティブ思考に取りつかれると抜け出せなくなる

 

ネガティブ思考に取りつかれると抜け出せなくなる。

 

物事にはいい面もあるし悪い面もある。すべてのことがいい方向に進むようなことはない。必ずリスクがある。リスクを気にしすぎると何もできなくなってしまう。この状況におちいると一切動けなくなってしまう。何もしないことがいいことだ、となってしまう。これは最悪のパターンです。ポジティブ思考かネガティブ思考によって、その後のとるべき行動が違ってきてしまいます。

 

ポジティブ思考・・・失敗しても改善をして再チャレンジしよう。
ネガティブ思考・・・失敗しそうだからやめよう。

 

ネガティブ思考はすべてのことがマイナスから始まっています。マイナス面ばかりを考えると物事がうまくいかなくなってしまいます。人は自分が考えたように行動しようとします。いい結果を出そうと思う場合は、ポジティブ思考で考えます。どのようにしたらいい結果が得られるか考えようとするため、情報収集の仕方が変わってきます。いい結果を出すために必要な情報を集めます。しかしネガティブ思考ではリスク要因ばかり情報が集まってくるので何もしないほうが得だとなってしまいます。この違いは大きい。

 

どのようなことでもリスクがあるのでトラブルが起きないよう対策を講じる必要はありますが、必要以上に恐れることはよくありません。しっかりと対策をとりながら物事を前向きに行動していくことが必要です。

 

物事は多少トラブルがあった方がいい。トラブルは改善するためのヒントとなります。よりいい方向に向かわせるために多少のトラブルは許容しておきます。リスクを心配しすぎる人は成長ができない人です。その場で立ち止まってしまいます。成長を促進させるためには、より多くの失敗を経験することが必要です。

 

 

まとめ

 

ネガティブ思考に取りつかれると何もできなくなってしまう。この状態におちいらないためには、多少のリスクを承知の上で対策をとりながら物事を進めていくことです。物事をポジティブにとらえて行動することでいい方向へ向かっていきます。