何でもビジネスになる時代、個性を活かそう

 

 
【目 次】

1.ビジネスには個性が大事
2.何でもビジネスにしちゃおう
3.インターネットを活用して宣伝する
4.電子書籍
5.WEBライター
6.講座を開いて収入を得る
7.人気のテーマ
 

 
 

 

1.ビジネスには個性が大事

 

オンリーワンのコンテンツ、それはあなたの個性です
 

いま深刻な事態が起きています。生活が苦しくなってきています。なかには頑張っても来月まで。5月いっぱいで生活費が限界だ、という人がいるかもしれません。だからこそ、いま何が出来るのか考えます。政府からの支給額は極めて少ない。何の足しにもならないと怒っていてもいけない。できることをしてみる。

インターネット上ではあなたの個性が必要。誰でも中田敦彦のようなYouTube番組を作れない。「いますぐに面白くなれ」とか、「プレゼン上手になれ」とか、言われても困るし慣れない。だから個性が必要です。あなたの個性はあなたにしか出来ないものです。個性は、他の人と競合しないのでビジネス上のメリットは大きい。

 

個性 + インターネット

 

インターネットを上手く使って、収益を上げる方法を考える。
この方法が、もっとも手軽に効率的に始められる。

 
 
 

2.何でもビジネスにしちゃおう

 

今の時代、何でもビジネスになると思った方がいい。こんなことビジネスにならないよ、と思って何もしないのはもったいない。「部屋の片付け方なんてビジネスにならないよ」と思った方、しかしこれが見事に大ヒットしてますよね。得意な事をビジネスにしてみる。あなたの得意な事を書き出してみる。どんな事でもかまいません。より多く書き出してみる。固定概念は捨てる。これはちょっと無理かも、とか思わずどんどん挙げてみる。宝の山が眠っているかもしれません。

 
 
ビジネスになるためのコツがあります。

・時代をつかむこと
・人の役に立つこと
 

この二つを意識すると最短でビジネスになる。得意なことがあっても、それが誰かの役に立たなければビジネスとして成立しません。ユーザーが、何を求めているのか考えます。
 
 
今の時期は、コロナの関心が高いので、次のようなキーワードを挙げることができます。これらのキーワードを参考にビジネスのネタを探します。

 

清潔、アルコール消毒、消毒液、殺菌、除菌、抗菌、滅菌、免疫力、感染、予防
リモートワーク、自宅待機、自粛、3密、医療、マスク
経済危機、生活費、倒産、廃業、減収

 

人々はコロナの影響で困っている。これを解決してあげる。
 
例)
・潔癖症の人が教えるコロナ対策、部屋の掃除の仕方
・ボディービルダーが教える免疫力がアップする体づくり
・メイクの達人が教える肌荒れしないマスク対策方法

 
 
 

3.インターネットを活用して宣伝する

 

宣伝方法はSNSやブログ、ホームページを駆使する。あるいは企業が提供しているプラットフォームに登録してみるのも一つの方法です。Twitterとブログは相性がいいので、おすすめです。ブログに提供する商品やサービスを掲載し告知する。ネットショップでもかまいません。
 
手軽に始めたいならBASE(ベイス)がおすすめ。

https://thebase.in/
 

 
販売方法はざっとこんな感じ

・オンライン講座(ストアカなど)
・メルマガ
・ネットショップ
・電子書籍(本、雑誌、マンガ)
・YouTube動画
・オーディオブック
・ライブイベント
・オンラインサロン
・音声コンテンツ(Podcastなど)
・クラウドワークス

 

他にもインターネットで探してみると、いろいろと見つかると思います。手軽に始められそうなものを見つけてスタートする。これが一番大事です。

 

 
 

4.電子書籍

文章を書くのが好きな方は、電子書籍の販売がおすすめ。
おすすめはnoteで販売する。

 

[noteの手数料]
決済手数料:クレジットカード決済が5%、携帯キャリア決済が15%
プラットフォーム利用料:(売上 – 決済手数料)の10%

 

例)クレジットカード決済の場合
5% + (95% × 10%) = 14.5% ← 手数料

 

詳細)手数料 note
コンテンツを販売する際に引かれる手数料
 

 
 

5.WEBライター

 
インターネットの普及によってWEBライターという仕事が増えています。最近では副業で始めている人もいます。文章を書くのが好きな人には、持って来いの仕事です。
 

<ライターの1文字あたりの単価相場>

上級ライター15円〜20円
中級ライター3円〜15円
初心者ライター 1円〜3円
未経験ライター 0.1円〜1円

 

 
 

6.講座を開いて収入を得る

 
自分が持っているスキルや経験を売ることができるプラットフォーム「ストアカ」を活用してみる。空いた時間を上手く使って講座を開く。教え方が上手い人だと、生徒さんがたくさん集まります。下記の例を見ると講座の内容にもよりますが、生徒さんが年に1000人程度集めることができれば、年収400~500万円程度になるようです。
 
 
<ストアカ売上ランキング>

下記は日経ビジネスが年間売上高を推計した2019年にストアカで売れた講座ランキング

順位 主な講座 1年間で教えた人数 日経ビジネスが推計した年間売上高
1 「インスタ映え」する料理教室 2700人 1290万円
2 写真の「撮られ方」講座 2410人 2210万円
3 ボイストレーニング 2100人 1380万円
4 少人数制「伝わる話し方」 1950人 580万円
5 1日で成長するPhotoshop 1800人 1530万円
6 即使えるコピーライティング 1650人 660万円
7 賃貸でもOKなリノベーション・DIY 1640人 820万円
8 簡単ストレッチの方法 1350人 560万円
9 トップクリエーターによるデザイン講座 1200人 450万円
10 魚のさばき方 初級編 1160人 750万円

出典:https://business.nikkei.com/atcl/forum/19/00027/020700004/?P=2

 
 

 
 

7.人気のテーマ

 
◎人気テーマ

▼夏に向けて
・アイスクリーム
・ビールサーバー自宅用
・扇風機

▼今話題
・業務スーパー
・ダイエット
・パン
・節約
・健康
・デリバリー

▼20代30代女性
・恋愛&婚活
・メイク美容
・子育て

▼ビジネス系/教育系
・株&投資
・転職&ビジネス
・英会話

▼その他
・アニメ
・鬼滅
・ゲーム
・飲食/料理

 

 

 

まとめ

 

どのような事でもビジネスになる可能性があります。考え込んで何もせず2ヶ月、3ヶ月経ってしまうのは時間のムダです。今月の生活費が、来月の生活費が困っているなか、何ヶ月も行動しないのはお金を得るチャンスをのがしていることになります。行動重視で、まず動いてみることです。