【稼ぐ力】あなたの価値を高める3つのポイント

 

POINT

あなたの価値を高めるためには、技術的に優れていること、人的資産があること、そして成長産業で働いていること。

 

先日、政府が年金の公助の限界を認め、国民自身で老後について考えるよう方針をまとめた。

年金だけで生活費をまかなえなくなる。夫65歳以上・妻60歳以上の夫婦のみ・無職の世帯では、月平均で約5万円不足。さらに20~30年生きるとすれば、累計で1300万~2000万円不足すると、報告書は推計している。

 

今でも大企業を定年退職して年金で暮らしていても90歳で足りなくなるそうです。大企業でもこのような状況なのだから一般の人だと、さらに厳しい状況が容易に想像できる。また、高齢者世帯の生活保護を受けている数も増え続けている。そして、高齢者が増え続けることで医療費の増加が止まらない状況が発生している。つまり健康保険料の値上げが今後も続く。

 
 
 

20代年収300万を超えるのは厳しい時代

 
年収も減る一方で家賃や住宅ローンなど住居費が生活を圧迫している。東京だと「家賃/年収」比が4割、5割を超える。家計が厳しい状況です。 年収減、終身雇用崩壊、リストラ45歳、非正規労働の増加、外国人労働者の受け入れ拡大など、家計を直撃している。すでに生活そのものが成り立たなくなるのも時間の問題なのかもしれない。 会社に頼らず収入を増やす力、稼ぐ力が益々必要になっていく時代がやって来た。

また、非正規社員のあり方も認める一方、正規社員のほうも働き方や解雇規定を見直す考えがあるようです。先日の経団連発言、企業は今後「終身雇用」を続けていくのは難しい。働く側のワークスタイルを変えていくことが生き残る道となる。このままだと本当に年収300万時代になるかもしれない。

実質賃金は上昇傾向にあると報告されているが、実は零細企業は統計から外されている。調査対象外なのです。正確なところは実はわからない。特に若い人たちの年収は20代で年収300万円(手取り)を超えるのはかなり厳しい時代となっている。このまま会社に頼ると20年後30年後深刻な事態になることは容易想像がつく。

 

収入を増やすポイント

  • 会社選び・・成長産業を選ぶ
  • 情報収集・・将来を予測する
  • スキル・・仕事に必要な能力を身につける
  • 行動・・行動第一で動きまくる

 
 
 

キャリアプラン

 
未来の自分と今の自分を上手くつなげられない。キャリアプランが立てられない、という人が実に多い。未来のことは誰にもわからないし、何が正解なのかもわからない。確かなことは、時代の変化が速いということ。今やりたいことを続ければいいと思う。それが将来につながると、自分自身を信じる事。スティーブ・ジョブズ の話を思い出して見てください、人生の点と点は必ずつながる。

 

ブログ収入は時間の浪費

ブログで毎日1記事書いて1年間続けても、たぶん稼げない。 イケハヤさんですらかなりの苦労をして稼げるようになったので 僕らはそう簡単にいかない。

 

1年間   365記事

365日  X  3時間/記事  =  1,095時間

1記事書くのに3時間として、この時間となる。

 

ぶっちゃけ無駄な時間。スキル磨きの方が断然いいし稼げる。ポジショントークでもあるが、IT系WEB系は食いぱっぐれがない仕事だと思う。この分野でスキルを磨けば稼げるし、将来仕事がなくなることもない。慢性的な人材不足で、しかも多くの人が学習に挫折し仕事まで辿りつけない状態だからである。

転職事情を見ると、8年連続で転職が増えている。リストラの影響もあるのか4割が中高年で 2018年の転職者数は前年比5.8%増の329万人。IT系の人材などで中途採用を増え1割以上収入が増えている。年収はその業界で大半が決まる。成長産業の業界で仕事をすることをお勧めします。そしてどこの会社でも通用するスキルを持つことがこれからの時代に適合していると思う。

 
 
 

あなたの価値を高める3つのポイント

 
あなたの価値を高めるためには、技術的に優れていること、人的資産があること、そして成長産業で働いていることの3つです。自分自身の価値を高めていくことで、もし会社がつぶれても労働力としての価値があれば転職は可能です。リストラ対象になり不安定な人生を送ることもなくなる。市場価値が低ければ、転職は難しく収入も激減する。必要なことは労働力としての価値を高める事。

問題となるポイントは希少価値があるか、ないか。 僕の場合はWEBの知識と海外の経験がある。これを掛け合わせると価値が出ます。海外と言ってもフィリピンのセブだけなんですが。以外だったのは、海外で2、3年仕事をしただけで、帰国後僕の価値が上がっていた。仕事がやりやすかった。まだまだ日本はグローバル出来ていないのが現実なようです。お薦めは大学を卒業したら、しばらく海外で仕事をするといいよ。就職は国内だけで考えないこと。